スーパームーン(2019 0122)

1月22日。

この日はスーパームーン

まずは、早朝のドライブ途中に撮影した一枚。

f:id:ueshin7:20190316094610j:plain

1月19日 5:15.福岡市内にて。

f:id:ueshin7:20190316094611j:plain

1月19日 19:36 望遠(500mm)で撮影。

f:id:ueshin7:20190316094612j:plain

ガソリンスタンドにて。

f:id:ueshin7:20190316094613j:plain

福岡市内にて。

f:id:ueshin7:20190316094614j:plain

コンデジ。望遠

f:id:ueshin7:20190316094615j:plain

やっぱり、明るいなあ。

長崎の山へ登る(車でね)(2019 0122)

1月22日。

長崎の干拓地で目的の鳥たちを堪能したあとは、少し遅くなったけど山へクワガタの生息確認に。

f:id:ueshin7:20190316094608j:plain

山頂から、山道を下ってクワガタを探す。

f:id:ueshin7:20190316094609j:plain

ブナが生えるいい感じの山。ただ、山頂付近は寒くて日陰には霜柱が残っていたし、朽木も凍っていた。

f:id:ueshin7:20190316094607j:plain

目的のクワガタの産卵痕。まだ、確実に生息していて安心した。

f:id:ueshin7:20190316094606j:plain

面白い模様。見るたびにうれしくなる。

諫早へと(2019 0122)

1月22日。

佐賀の干潟を堪能したあとは、諫早へと。最大の目的はナベコウ。しばらく見ていたなった。

あちこち探し回っているといきなり目の前の道路を歩いていて、自分の車に驚いて飛立った。交通事故的な出会いがしらで、お互いびっくり。

飛び降りた場所を目指して車で追いかけてみた。しばらく様子を見て鳥が落ち着いたあたりで接近した。とりあえずナベコウはびっくりして飛んだあと着地して様子を伺い、警戒を解くと水路へ入って餌取りをはじめるので、このタイミングを待つのがいい。

f:id:ueshin7:20190316094559j:plain

久しぶりのナベコウは相変わらず複雑な光沢を見せてくれ。とっても綺麗。

f:id:ueshin7:20190316094600j:plain

飛立つ。何とか、撮影も出来安堵。

f:id:ueshin7:20190316094601j:plain

綺麗じゃ。この後はかなり高く舞い上がり、その後見失った。

そして、次の目的はオオカラモズ。

f:id:ueshin7:20190316094602j:plain

チョウゲンボウ。♂。まだ、若さが残る個体。

結局、オオカラモズのポイントで粘ったけど現れず。

このとき知り合いと出会ったので電話番号を交換して、昼飯を買って山へクワガタ取りへ向かうはずだった。

スーパーで弁当を買っているときに先ほどの知り合いから電話が。

オオカラモズが出たらしい。

急遽、ポイントへ戻り弁当を食べながらしばらく様子を見ていたけど、やつは現れず。

あきらめて帰ろうとしたとき、まったく予想してなかったポイントでやつを発見。

車の中からじっくりと堪能できた。

f:id:ueshin7:20190316094603j:plain

久しぶりのオオカラモズ。昨年の大連で見て以来。

f:id:ueshin7:20190316094604j:plain

飛翔写真も何とか撮影できた。美しいなあ。しかも、でっかいし。

f:id:ueshin7:20190316094605j:plain

美しいわ。

知り合いの方、ありがとうございました。この後は気持ちよく山へ向かえた。

佐賀経由で長崎へと(2019 0122)

1月22日。

福岡を早朝でて佐賀経由で長崎へと。

下道で唐津伊万里をぬけ、武雄から鹿島を経由して太良町諫早へと。

前部下道だけど割と快適に諫早へいける。貧乏人はルート探しで頑張るしかないのだ。

で、この日は途中の鹿島の海岸にカモメが集まる場所があると聞いたので寄ってみた。

狙いの大型カモメはそれほど多くは集まってなかったけど(恐らく潮の関係)、ズグロカモメが朝陽バックで綺麗だったので撮影した。

f:id:ueshin7:20190316094557j:plain

カモメ自体は暗く沈んでいるけど、潟の反射が綺麗。

f:id:ueshin7:20190316094555j:plain

美しい。これは、若い個体。

f:id:ueshin7:20190316094556j:plain

潟に出来る水路筋が綺麗。

f:id:ueshin7:20190316094558j:plain

鏡みたいに反射する水面。

動物園にて(2019 0119)

1月19日。

植物園の後は動物園へ。動物園でぼんやり動物を眺めるのがすき。

f:id:ueshin7:20190316094551j:plain

アムールトラ。大好きなトラ。しかも、アムール。凄いぞ。福岡市動植物園。大きくて、色が淡かった。

f:id:ueshin7:20190316094553j:plain

シロフクロウ。ペアで2個体じっくりと見られた。

f:id:ueshin7:20190316094552j:plain

眼がすごいわ。黒目はこっちを見てるし。

f:id:ueshin7:20190316094554j:plain

オランウータン。立体的な施設で贅沢に飼われていた。

ただ、この個体は終始寂しそうな表情だった。

植物園で撮影した鳥たち(2019 0119)

1月19日。

植物園で撮影した鳥たちを紹介。

f:id:ueshin7:20190316094541j:plain

ニシオジロビタキ。♀タイプ。若い個体だろう。雌雄はまだわからない。

f:id:ueshin7:20190316094542j:plain

ニシオジロビタキ雄。尾羽は擦れている。この個体を撮りたくて何回か通った。

f:id:ueshin7:20190316094544j:plain

リュウキュウサンショウクイ。意外にもこの鳥の写真はうれしい。

f:id:ueshin7:20190316094543j:plain

リュウキュウサンショウクイ。オジロビタキは時間を置いて出てくるので、待ち時間にこういう鳥が出てくれると一日はあっという間だ。

f:id:ueshin7:20190316094546j:plain

水仙。匂いも大好き。

f:id:ueshin7:20190316094547j:plain

丁度、満開。先に紹介した弁当を含め、ここでこの匂いを嗅ぎながら鳥を待つのは、充実した幸せな時間。

f:id:ueshin7:20190316094548j:plain

菜の花も満開。ここに、何か鳥が止まるということないけど越冬ノビタキいたらなあ。

f:id:ueshin7:20190316094545j:plain

ハイタカも上空を舞う。

f:id:ueshin7:20190316094549j:plain

シロハラ。ここでは多かった。平地ではとっても少なかったツグミも割と普通にいた。

f:id:ueshin7:20190316094550j:plain

ニシオジロビタキ。最後に堪能して動物園へと。

餃子を焼いた(2019 0119)

1月19日。

この日の晩飯は餃子。

中身は自分でこねて、皮(市販)に包み焼いた。

f:id:ueshin7:20190312075047j:plain

色はピンクっぽい。

牛を混ぜると味が獣臭くなるので、最近はブタ単体を使っている。

f:id:ueshin7:20190312075045j:plain

いい具合に焼けていく。

f:id:ueshin7:20190312075046j:plain

もうしばらくすると羽も焦げ目がつい食べられる。

今回の餃子も臭みがなくとっても美味しかった。合掌。